その他の講習会/勉強会

その他勉強会 

MTFT講習会 Manual Therapy and Functional Training

テーマ「股関節に対するアプローチ」
日時:2019年4月6日~7日
   1日目:10時~18時 2日目:9時~17時
会場:介護老人保健施設サクラビア
内容:股関節と周囲の解剖、触診、マニュアルセラピー、オステオパシーとファンクショナルトレーニングを背景とした不安定性、可動域制限、痛みに対する評価と治療。
ファンクショナルトレーニングによる動的モビライゼーションと安定性、マニュアルセラピー/オシテオパシーによる関節テクニック、股関節関連領域の膜組織に対する考え方とアプローチなど

講師:Matthias Schulte ドイツ理学療法士 理学修士
   国際PNF協会アドバンスインストラクター
   顎関節障害インストラクター 
   MTインストラクター
通訳兼講師:勝浪省三 PT
   国際PNF協会インストラクター
   上田法国際インストラクター
   ドイツ筋骨格医学会MTインストラクター
受講費:35000円
定員:20名
対象:PT、OT
申し込み:氏名、職種、職場を明記しメールで勝浪まで
     メールアドレス;a-shot-sho@yc4.so-net.ne.jp   
*終了時に講習会実技の動画をコピーしてお渡しします。
*先進国ドイツの最新の情報を入手できます。




*マニュアルセラピーは筋骨格系に対するアプローチの世界標準です。

*中枢疾患の痛み/可動域制限に対しても対応可能です。

*ドイツでは50以上の政府認定組織があり、ほとんどのPTが認定講習会を長期間をかけて受講しています。



Matthias Schulte氏
Matthiasと私

MTFT
MTFTとはマニュアルセラピー&ファンクショナルナルトレーニングの略で、痛みの評価と治療後トレーニングをどのように進めて行くのかを教授する講習会です。解剖、触診、痛みの治療方法、トレーニングと進んでいきます。痛みは筋/筋膜、関節、神経を治療していきます。トレーニングでは過負荷
の原則と特異性の原則をまとめたPNFで展開します。
世界中の最新情報がドイツに集ま
ります。その情報をいち早く得ることができる講習会となっています。

セミナー in 岡山
1日目
〇テーマ:中枢障害の痙縮に対するアプローチ
〇日時:2019年4月27日 12:00~17:00
〇内容:中枢疾患の介入において痙縮などの過緊張は大きな問題となります。痙縮とは何か?を理解することでその対策を練ることは可能です。講義では痙縮のメカニズムを解説し、アプローチでは痙縮などの過緊張に効果的な上田法の基本的な考え方と肩₋骨盤法を紹介します。更に、PNFや他のアプローチの方法も実技練習していきます。上田法はドイツ/韓国においての普及が急速に高まっており国際的なアプローチになろうとしています。
2日目
〇テーマ:筋力と安定性改善のファンクショナルアプローチ
〇日時:2019年4月28日 9:00~14:00
〇内容:ADL,スポーツのパフォーマンスを向上するうえで、筋力/安定性を改善することは不可欠です。しかし、筋力/安定性を特異性の原則に沿って介入しているか?と聞かれたらいかがでしょうか?今回はトレーニング理論に沿って行う治療とはどういうことか!という基礎医学の学習とPNFを用いた原則に沿った体幹安定性改善のアプローチを紹介します。
〇講師:勝浪省三 理学療法士、国際PNF協会認定インストラクター、上田法国際インストラクター、DGMSM-JAPAN MTインストラクター
〇会場:株式会社フィジオルーム
 岡山市北区富田町2丁目12-16 センチュリー冨田町ビル7階 701号
〇参加費:1日のみ参加 6000円 2日間参加 10000円
〇定員:16名
〇申し込み:メールで a-shot-sho@yc4.so-net.ne.jp 宛に勝浪まで
氏名、職場名、職種及び①1日目のみ ②2日目のみ ③両日 何れの参加が希望か明記し申し込みお願いします。
会場案内


セミナー in 高輪台
〇テーマ:筋骨格系の痛み改善に必要な基礎知識
    ~中枢疾患からスポーツ選手の抱える痛みに関して~
〇日時:2019年2月24日 10時~13時
〇会場:メディカルプラム高輪7階Phelophaepa
〇参加資格:PT,OT,他医療従事者
〇参加費:2000円
〇定員:未定
〇講師:勝浪省三 理学療法士、国際PNF協会認定インストラクター、上田法国際インストラクター、DGMSM-JAPAN MTインストラクター
〇内容:運動療法を行う上で痛みは大きい阻害因子となり、臨床上悩むことが多々あると思います。中枢疾患から高齢者、スポーツ選手に至るまで基本的な痛みの原因は同じであることが多く、その知識を得る事で臨床上の問題を解決することにつながります。今回は筋骨格系の痛みの原因からその解決方法までを基礎医学をベースにしてお伝え出来たらと思います。座学が主となりますが、実技も交えながら分かりやすく解説していきます。
〇申し込み:E-mailでa-shot-sho@yc4.so-net.ne.jpまで勝浪宛に氏名、職種、職場を明記し申し込み願います。
会場案内:東京都港区高輪3丁目8-17





大阪セミナー

基礎医学に基づくアプローチ紹介セミナー
*運動の専門家として必要な知識と技術を学ぶセミナーです。
1日目 課題解決のためのファンクショナルアプローチ
〇テーマ 片麻痺の立脚安定性の改善
〇日時;201931613~18
〇内容
運動課題解決のキーワード
  過負荷の原則、特異性の原則、可動域と筋力、スタビリティとモビリ ティ、トレーニングとリラクゼーション、促通と抑制、EPSPIPSP、 動的システム論、固定点(固定筋)と可動点(動筋)、筋膜と結合組織、 筋連鎖
  基礎医学の講義と実技を含みます。

 2日目 筋骨格系由来の痛み解決方法
〇テーマ 肩甲帯周囲の痛みに対するアプローチ
〇日時20193179時~14(昼休みなし)
〇内容 中枢疾患~スポーツ疾患の痛みの原理は基本的に同じです。
  痛みの基礎医学の学びと共に簡単な介入方法から練習していきます。   今回は肩甲帯周囲の解剖学、触診、膜組織の学習、肩関節の評価と治 療実技を含みます。

〇講師:勝浪省三 理学療法士 医療法人葵会、国際PNF協会認定インス トラクター上田法国際インストラクター、DGMSM-JAPAN認定MTイ ンストラクター
〇定員:24名 参加資格:PT,OT
〇参加費:1日のみ6000円 2日間12000
〇会場:Semi-Tech大阪(グランプリ第11ビル4階)
   大阪市淀川区西中島3-3-9

〇申し込み:メールで a-shot-sho@yc4.so-net.ne.jp 宛に勝浪まで
氏名、職場名、職種及び①1日目のみ ②2日目のみ ③両日 何れの参加が希望か明記し申し込みお願いします


会場


top page