PNF IPNFA マニュアルセラピー 上田法 勝浪省三 Shozo Katsunami Groovy グルービー 運動制御 システム

                              Groovy


このサイトは勝浪省三個人に関する講習会/研修会などの情報を提供する目的で作成しています。
運動制御/運動学習などの情報も提供します
NEW!
講習会:2024国際PNF協会認定基礎コース
日時:level1 :8月10日〜12日+9月14日〜15日
   level2 :10月26日〜27日+12月7日〜9日
会場:特別養護老人ホームビオラ川崎
詳細はこちら

NEW!
講習会:国際PNF協会レベル5
日時:2024年10月10日〜14日
会場:特別養護老人ホームビオラ川崎

NEW!
講習会:2025国際PNF協会アドバンスコース3a/3bin川崎
日時:2025年3月16日(日)〜3月20日(木)
会場:特別養護老人ホームビオラ川崎
詳細はこちら


NEW!
講習会:肩/頸部に対するアプローチ
日時:2024年6月23日(日):10時〜14時
会場:特別養護老人ホームビオラ川崎
詳細はこちら


 
痛み解説動画


face bookへ


国際PNF協会HPへのリンク
上田法治療研究会へのリンク Medi-ABCへのリンク
DGMSM-JAPANへのリンク DGMSMへのリンク
運動療法の基礎は可動域、筋力、協調性、持久力の改善ですが、痛みが伴っていれば
その全てが低下します。
セラピストが動作/活動を改善したい時,もっとも変化/改善可能な要素は
筋力/可動域/痛みですが、PNFは筋力(安定性)を改善するのにとても優れた治療法(コンセプト)です。
痛み/可動域を改善するのに世界中のセラピストが学習しているのがMT(マニュアルセラピー)です。
理学療法大国ドイツではPNF/MT/Bobathを最優先に学んでおり三大治療法と言えます。
何かが原因で生活しづらい、痛い、動きづらいという方が病院に来ます。それが、筋力低下、可動域低下、筋骨格系の痛みの場合はセラピストが役割分担されているわけです。疾患別ではなく症状で評価治療する能力を身につけることが重要です。
基礎医学を臨床に応用できるセラピスト育成を目指す講習会を展開しています。
我々の社会的意義はクライアント(患者様、お客様)に、満足して頂くことです。それが社会に貢献することであり、信用を得られることに繋がります。自己満足の仕事に
ならないよう、客観的に優れた仕事をするために。
人の手は驚異的な能力を有することは誰もが認めるものですが、我々セラピストはその手を用いて、クライアントに介入できます。統計的優位性は乏しくとも、感謝される
仕事がそこにあるはずです。人類の歴史をみても、技術が世界を変え、生活を豊かにしてきました。基礎医学に基づく技術をまずは学ぶことが先決ではないでしょうか。そして、次のステップへ!
     

会社方針 - Groovy

採用情報 - Groovy

artokayama.htmlへのリンク

採用情報 - Groovy